topimage

2010-12

タニタのささみのからあげ? - 2010.12.29 Wed

101228a.jpg

ic-me.gifタニタのささみのからあげ?
ピカタっていう方がイメージしやすいかも、デス。

<<作り方>>

1) 筋をとって、今回は少し観音開きにして、麺棒でかる~く叩きました。

2) 塩・こしょうを薄くして、溶き卵にくぐらせたら、
   パン粉と粉チーズを半量ずつで合わせたものをまぶしつけ、フライパンで焼きます。

3) フライパンで最初蓋をして、蒸し焼きにし、裏返したら蓋を取って焼きます。


好みで、ケチャップ、マスタードソースでいただきますw




ん~、先の記事であげましたが、こんな日に頭痛が起こるなんて・・・

今日は朝からしっかり、子ども達とパパンをこきつかって、
残りの掃除をさせようと思っていたのに!!

でもまぁ、しかたがありません。

明日にはだんなの実家へ行かないといけないので、まずは体調、体調。


今回のあぷが、今年最後の更新となりますw

今年は、レシピブログを通じて、ほんとにたくさんのステキな出会いがあり、
マンネリ化していた料理に対する考え方をガラリと変えてくれました♪

ほんとにほんとに、みなさんに感謝していますw(≧∇≦)b ありがとっ!



来年は、もう少しパン作りをしようかな?と思いつつ、
そろそろ子どもの写真整理にも手をつけないと、エライことになりそうなので、
そっちの方もしていきたいな、と。

まぁ、今年と変わらずマイペースなのは一緒だと思いますが。

とはいえ、気まぐれなあたしのこと。
どうなるかは、自分でもわかりません。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。m(。≧Д≦。)m!!

皆様にとって、来年もよい年となりますよう、お祈りしています。


ありがとうございました。


あっちゃん。
関連記事

こんな日に頭痛の発作 - 2010.12.29 Wed

何時だろう、目が覚めた。

左側頭部、いつも場所に小さな違和感・・・

このまま収まってくれないかな?
と淡い期待をもったが、ダメ。

鈍痛に変わりだしたので、薬(イミグラン)を吸引。

しかーし、そのまますぐに横になってしまったのがどうやらいけなかったよう。

薬がいつも以上に喉に降りてきた・・・


あ、あかんわ、こりゃ。


寒いけど、そのうち発作が始まるはず、掛け布団だけ持って階下へ。

氷枕で冷やしてると、案の定吐き気がきた。




ん~、今回はこの薬の味しかしない。
かなりの量がちゃんと気道に回らなかったのか・・・
後悔しても、もう遅い。


薬の効き目を実感できないまま、数分ごとに強い吐き気。
寒いトイレとの往復。
つらい。


しばらくしてたら、バイクの音。
新聞配達。
きっと5時半頃。

少し痛みがやわらいできた。


今回は頭痛の他は、吐き気だけでおさまった。

8時頃、ジナーンとパパが起きてくる。
電気をつけずにそっとしておいてくれる。

「ママ、寝てるから、2階へいこか?」とジナーン。

その言葉はうれしかった。

かなり痛みはひいてきてたので、がんばって起きることに。
最初こそつらいが、動いていると気がまぎれるのだ。


朝ご飯を簡単に用意して、食べてもらう。

洗濯2回したら、ちょっと疲れた。

寝よ・・・






記録として書きとめるので、コメ受け付けておりません。
すいません。

関連記事

白菜ばっかのスープ - 2010.12.28 Tue

101228.jpg

リメイクと言っていいのか。
白菜の上だけが鍋で余ったので、
それをクリスマスで残ったシチューに加えてカサ増ししただけという、
冷蔵庫、消費計画。(笑

でも、ジナーンは花型にごはんを詰めたものを乗せてやると、
いつもより大喜びで食べてくれました。

子どもってこんなちょっとのことでうれしいものなのか・・・と。


るぅちゃん、今日は掃除したよっ!

配電盤と、配電盤と、配電盤って、いくつあるのよ!

今の家は、来年の春で2年がたちます。
それでもけっこうな埃が配電盤にくっついており、
これをエイコラエイコラと、取り除いていたわけです。^^;

途中でいくつかのブレーカースイッチを切ってしまって、
むこうの方から子ども達の
あれ?!停電や!
の声に一人(*≧m≦*)ププッ と笑いながら、作業しておりました。

あとは、洗面台のあるまぁ、兼脱衣所。
上の棚がえらい埃でしたがな。
はて? 掃除はいつ以来?

そのまま脚立をもって、玄関、トイレ、階段と、入り口周りはキレイになりました。

今年は、2階の和室の掃除はムリだともう、諦めることにします。



今日は、単身赴任ちうのパパンが途中で帰ってきます。
こちらでの忘年会に出席のため。(笑

途中のおみやげに、”豚まん”をお願いしてあります♪
だって、今日の晩ごはんもきっとさみしいものになるはずなので^^;


ソウソウ、レシピブログの今日のイチオシレシピに選ばれとります。

前回のシナモンロール

なかなかいい気分なのでありますw

これも訪問してくださる、みなさんのおかげです。
ありがとうございます。(≧∇≦)b サンクス!

ブログの更新は、明日で終わりそうです。
帰省の準備もしなくっちゃ!∑(; ̄□ ̄A アセアセ
関連記事

冷蔵庫の棚卸 - 2010.12.28 Tue

昨日は、病院めぐりしてました。

実家へ帰省するので、子ども達のお薬(アレルギー)をもらいにいったり、
矯正治療を受けたり、とどめが、月曜日なのに床屋さんが開いていて、
(年末年始休むので、この日は開けてたそうで。)
ラッキー♪ 今日は混んでない!ってことで、チョナーンもジナーンもさっぱり☆彡

家での食事は、今日と明日で終わり。
30日には移動です。

なので、ブログの更新もあとわずかになります。


■◇野菜◇■
白菜 中 1コ
キャベツ 1コ
サニーレタス 1コ
パプリカ 赤・黄 各1/2コ
プチトマト 1/2パック
スプラウト 1/2パック
えのき 1/2
大根 中 1本
セロリ 1/2
人参 6本
蕪のはっぱ 3株分
白ネギ 1/2
 
■◇冷凍品◇■
水炊き用鶏肉 400g
手羽中 
ミンチ 300g
ささみ 400g
焼き肉 100g

っと、こんな感じ。

絶対、無理。

全部消費するのは。


掃除、しないとな~。(´_`。)グスン
関連記事

かぼちゃモンブラン☆クリスマス - 2010.12.27 Mon

101225d.jpg
ic-me.gifかぼちゃモンブラン☆クリスマス

勇気凛りんさんのヨーグルトパンプキンモンブラン シナモンケーキを参考にして作りましたw

我が家でのレシピを、自分用に記録しておきたいので^^;

<<材料>>
・卵・・・3コ(朝起きたら部屋に出して常温にしておく)
・グラニュー糖・・・100g
・薄力粉・・・40g
・米粉・・・45g
・コーンスターチ・・・20g
・溶かしバター・・・45g (レンジで軽くラップをして、50℃くらいにしておく)

・マロンクリーム・・・250g
・生クリーム・・・400g(多めに作りました。けっこう余りました^^;)
・栗の甘露煮・・・適宜
・かぼちゃペースト・・・かぼちゃ1/4をレンジで蒸したものを、網で濃したもの
・グラニュー糖・・・20g
・ピスタチオ・・・適宜

<<作り方>>
1) 卵白と卵黄に分けて、50gずつのグラニュー糖を使って、
   数回に分けて入れ、HMでメレンゲを作る。
   できたメレンゲはすぐ冷蔵庫へ入れておく。

2) 卵黄にグラニュー糖を加えてHMで混ぜ、白っぽくなるまで撹拌する。
   粉類をすべて合わせて、二度ふるいにかけておいたものを、
   へらに持ち替えて数回に分けて入れる。
   予熱入れる、180℃で25分に。
   
3) 1で作ったメレンゲを数回に分けて、2のボウルへ入れ、
   溶かしバターを入れたらさっと混ぜ合わせる。

4) そのまま20センチほどの高さから床に落として空気抜き。
   170℃に落として、30分焼く。

5) 途中残り時間が15分になった頃、オーブンの手前を奥を入れ替えて焼く。

6) 焼きあがったら、一度20センチほどの高さから落として、
   クッキングシートを敷いた上に上下逆さにおく。焼き型はつけたまま。

7) 粗熱が取れたら、ラップをして冷蔵庫へ。


<<飾り>>

1) 生クリーム 1コにグラニュー糖10g入れて、ホイップする。角がちょろんと垂れる程度。

2) みじん切りにした栗の甘露煮とピスタチオを、ボウルに入れ、
   1の生クリームの3/4程度入れ、混ぜ合わせる。

3) スポンジケーキの上部の真中部分に溝をナイフで入れて、間のスポンジを取り出し、
   そこに2のクリームを詰める。 

4) 残った生クリーム1/4ともう1コの生クリームをしっかり泡立てて、
   マロンクリームとかぼちゃペーストを加える。
   モンブランのしぼり出し器に、これを入れて、絞る。<難しいっ。

5)周りにピスタチオの刻んだものと、粉糖を散らしてできあがり☆彡


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プチ月別アーカイブ

ほっこり家族

あっちゃん

Author:あっちゃん
パン、大好き。でも、週末だけ。
甘いもの、大好き。でも、夜8時以降は食べない。
作り置きにハマっていますw

参加してます

powered by レシピブログ